スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクフェス】ソルゲを攻略してみた。

 きまぐれに、最近ハマっているスクフェスの「soldier game(HARD)」の攻略記事でも書いてみました。
 自分はこれを意識することでフルコン率が飛躍的に上がったので、参考になれば。

1.前提
 解説の前提として、ライブ画面のボタンに左端から順に123456789と番号をつけて説明することとします(センターが5です)。
 なお、文字だけでは理解が困難と思われますので、以下の譜面動画等を参照しながら読んでいただくことをおすすめします。

*通常のプレイ動画
http://www.youtube.com/watch?v=REw7nuP6ZII

*譜面をポップンミュージックの画面に引き直した動画
http://nico.ms/sm20752279

 まず、サビ以外はたいしたことないので各々頑張ってください(適当)。
 解説はサビ一回目(「私は誰でしょ~」から)のみ行います。サビ二回目については、一回目を左右反転させただけですので動きを逆にすればOKです。

2.右側
 まずは、譜面動画でサビの右側だけを見てください。すると、右側の連打のリズムは一定であることがわかります。
 上記数字で表すと、左端から順に、

 9999→8888→7777→6666

 となります。隣のボタンへのスライドは慣れるまでやや大変ですが、連打の速度自体は早くないので難しくはないはずです。
 まずは、このリズムを正確に刻めるようにしましょう。それが第一歩です。

3.左側その1
 さて、問題は左側です。
 こちらは右と違うリズムで叩くことになりますが、ノーツが落ちてくるタイミングにはに一定の規則性があるため、そこに着目します。

 第一の規則性は、「右の連打の三拍目が左との同時押し」ということです。
 これを数字で表すと、

 99⑨9→88⑧8→77⑦7→66⑥6

 の⑨⑧⑦⑥が左との同時押しとなっていることに気づきます。何はともあれ、三拍目は同時押しということを頭に刻みつけておきましょう。この点はリズムキープする上で非常に重要です。

4.左側その2
 第二の規則性は、「奇数回目の同時押し後、隣のボタンに移動する間に裏打ちが入る」ということです。
 言葉で説明してもややわかりづらいですので、数字で表すと、

 99⑨9>88⑧8→77⑦7>66⑥6

 右の連打中の「>」の部分に左の裏打ちが入っているということになります。「奇数回目の同時押しの後にズレる」、あるいは「奇数階目の同時押しの後が交互連打」になると覚えておきましょう。

5.まとめ
 以上をまとめると以下のようになります。0はノートなし、太字は同時押しです。

右:9999→8888→ 7777→6666
左:0040 4 0030→0020 2 0010

 口語で表すとすれば、
 タッタッタッ タタタッ タッタッタッ タッタッタッ タタタッ タッタッタッ
 といったところでしょうか。こちらも太字が同時押しです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

ながといっく

Author:ながといっく
長門スキーなSS書き。
最近は忙しくてあまり書けていない(´・ω・`)

連絡先はこちら。
nagatoeic●hotmail.co.jp
(●を@に変えてくださいませ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。