スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS『長門有希体験版』

長門さんの月、長月も半ばになってしまいましたが、ようやくSSが完成したので紹介します。

『長門有希体験版』

そうです。
3/12の記事で冒頭だけ書いて投げっぱなしにしてたアレです。
あれからもう半年。まさかここまで長引くとは!(人ごと)

いつも通り、長門さんとキョンがいちゃいちゃするだけの簡単なお仕事SSです。
意外と長いので、特に前半部分は読み飛ばし推奨。

それでは、恒例(?)のNGシーン公開を。
クリックネタバレ。

実は、当初予定していたオチはこちらでした。
ずいぶん早い段階で書きあがっていたドタバタオチ。<ユーザー登録>をしないまま長門と一緒に登校、その日の文芸部室で…という流れ。
ただ、何度も使ったか分からないようなお約束のドタバタオチなので、今回は路線を変更してみました。結果的に甘くなっちゃったけども!

--------------------------------------
 その日の団活動のことである。全員が揃うと、何故か朝から不機嫌だったハルヒが唐突に口を開いた。
「今から独り言を言うわ」
 独り言なら勝手に言えばいいだろう。何故わざわざ宣言する。
「あたし昨日一人で不思議探索してたのよ」
 ほう、そいつはご苦労なことだな。何か見つかったか?
「何にも。夜ごはんにそれで疲れたからカレーでも食べようかと思って、近くのカレー屋に入ったのよね」
 女が一人でカレー屋にはあまり行かないとは思うが、ハルヒがそういうことを気にするとも思えない。
「そのカレー屋に、大食いのチャレンジメニューみたいなのがあったのよ」
 まあ、そう言う店もあるだろうな。……ん?
「達成者は写真撮影までして表彰して貰えるらしくって」
 ………おい、それって。
「何気なく見てたらね、なんか見覚えのある男が、これまた見覚えのある女の子にパフェを食べさせててあげてたのよ。あーんって」
 ちょっと待て、もしかしなくてもその店……
「ハ、ハルヒ、それは……」
「黙りなさい」
 言い訳を試みるも一蹴。
「あたしそこの店長に聞いたのよね。この二人、どんな様子だったって。なんて言ってたと思う? 『いやあお似合いのカップルだったぜ!うちのカレーで精もついただろうし今晩はお楽しみかもな!』ですって」
 あのお喋りオヤジが! なんてことをいいやがる!
「あんたの家まで行っても真っ暗で誰も居ないし」
 古泉の顔が青ざめてきていた。すまん、死なないでくれ。
「携帯にかけてもかけても電源切れてますっていう通知だったし、有希のマンションのインターホンは何回鳴らしても出てきやしないし」
 ちょっと待て、電話なんか一回たりとも着てないはずだぞ。大体、電源を切った覚えなんてない。長門の家のチャイムだって、俺の記憶では一度も鳴ってないはずだ。
 ……ああ、なるほど。長門の仕業か。情報操作は得意とはよくぞ言ったものだ。
「それに、今日は有希と一緒に登校してきたらしいじゃないのよ」
 もう言い訳なんて出来そうになかった。ハルヒは口元こそ笑ってはいるが、目が笑っていないし、震えているようですらあった。
 ハルヒにネクタイをガチっと掴まれる。
「有希に何したのか言え」
 言いなさい、じゃないところに命の危険を感じる。
「な、何もしてねえよ」
 本当に何もしていない。ただちょっと、一緒に風呂に入ったり、裸を見せあったり、同じ布団で寝たりしただけだ。
「嘘言うんじゃないわよ! あんた、有希が大人しいからって……!」
 もはや、ハルヒの中ではあらゆる既成事実が出来あがっているのだろう。長門を手込めにした大悪人のように思っているに違いない。
 その時、何者かによってドアが開かれた。
 そいつはこの事態を収めることが出来る救いの神であり、この事態を引き起こした元凶でもあった。
「有希、いいところに」
「長門、助けてくれ」
 長門はその場に棒立ちしながら、何度か目線を俺とハルヒの間で往復させ、
「……体験版にはこういったケースへの救済機能は搭載されていない」
 そう嘯いた。
「わかった、なんでもするから助け……」
 もう苦しくて息もできない。落ちる……
 意識の端で、長門が俺の腕を両手でつかんでこう言った。
「たった今、わたしは彼のものになった」
--------------------------------------

以上、NGシーンでした。
次回作は未定、多分消失モノになると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

ながといっく

Author:ながといっく
長門スキーなSS書き。
最近は忙しくてあまり書けていない(´・ω・`)

連絡先はこちら。
nagatoeic●hotmail.co.jp
(●を@に変えてくださいませ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。