スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS『キョンと長門さんの一日デート(通常長門さんver.)』

他人の褌で相撲をとる。
今回はまさしくそんなSSを書きました。

まずはこちらを紹介します。
「キョンと長門さんの一日デート」
お馴染みししゃもさんの書かれた、ハルヒちゃんの長門さんとキョンがデートする話です。
私好みのラブコメなわけですが、百聞は一見(?)に如かず。さあ読め!
(このブログに来てる人なら既読かもしれませんが)

さて、この作品を読んでいたときに閃いた発想がありました。
「この話を通常長門さんでやりたい」
まぁ普通は閃いたところで終わりでしょう。ですが、ここは図々しいながといっく。
「このSSのパラレル作品作っていいですか!」とししゃもさんに打診してみたところ、必死な私を哀れに思ってくださったのか快くOKを下さいました。

そして出来あがったのがこちら。

「キョンと長門さんの一日デート(通常長門さんver.)」

以下、作品解説を兼ねた批評。
SSを読み終わった後に読んで頂けると嬉しいです。

基本的には元作品のストーリーに沿って物語を進行させています。
その上で、ハルヒちゃんの長門さん(以下"長門ちゃん")と通常長門さん(以下"長門さん")の違いに気をつけつつ、削ったり付け足したり、表現を自分流に変えてみたりしてあります。
最後はコテコテの甘ったるい展開、つまりはいつものラブコメですね。

まず、主人公を長門ちゃんから長門さんに変える上で、作品のテーマというものを少し変えました。
というのも、ギャルゲマニアの長門ちゃんと、読書娘の長門さんとでは恋愛というものへのアプローチが違うからですね。
元作品では「長門さんがキョンに恋愛を教える」という形を取っていましたが、今作では「長門さんとキョンが恋愛の練習をしてみる」という形に変えました。コーチングではなくあくまで体験、練習という形に。

長門さんはやはり物言わぬイメージなので、元作品よりキョンを積極的に動かしてみました。
そのせいで元作品と比べて最初からキョンが長門さんにぞっこんな感じになってしまっています。
ししゃもさんはキョンをどちらに転んでもいいようなニュートラルな位置に置いて作品を作っているそうですので、ここらへんはかなり動きや心理に違いが出ているのではないかと思います。
(まぁ、長門さん相手にキョンをニュートラルにするとまさに朴念仁になってしまうのですがw)
正直って、今回のキョンもまたキャラが崩壊している気もします。やや長門有希ちゃんの消失のキョンが混じってる感じ。

長門さんの台詞である「恋に落とすこともできるかもしれない」は、長門ちゃんの台詞である「なんなら、今この状態からでもラブコメ状態に持ち込む事も可能」との互換です。
長門ちゃんは原作でもキョンに抱きついたりと積極的な行動を取れるキャラクターですが、長門さんはそうはいきません。ですので、少し控え目かつお茶目な表現にしようと思い、この台詞に辿りつきました。
勿論「恋に落としたい」という願望が含まれているのは言うまでもありません。
そして作品の都合上、長門さんにしてもキョンにしても一日の心情の移り変わりが非常に激しいです。
しかしこれは、一日でこうなったという訳ではもちろんなく、あくまでデートをきっかけに気付いたということにしていただけたら。
終盤で「恋に落ちたのはわたしかもしれない」と長門さんは述べますが、こんなデートを企画した時点でとうに恋に落ちているわけです。「落としたかった。わたしは落ちた。あなたは?」みたいなそんな問いかけですが、長門さんにそこまで言わせる訳にもいかず。
……この台詞ですらまず言わなそうってのは、うん、まあ。

そして最も重要な相違点が洋服店を出た後の会話。
長門ちゃんはギャルゲマスターだけあって、恋愛というものを知り尽くしているという設定ですから、洋服店を出た後の会話でも達観したような台詞を述べています。教師と生徒の立場な感じに。
それに対し長門さんは恋愛小説で恋愛というものの断片を知識として持っているだけの存在です。ですから、同じシーンの会話でも「キョンに説明しながらも自分自身も完全には理解していない」感じを出すようにしました。
「気持ちを伝えることが難しい」と長門さんは述べ、キョンもそれに同感します。ここが作品の主題ですね。作者の意図としては、一日デートを通して互いの気持ちを伝えあえた二人、みたいなものを描きたかったです。

キスシーン直前、元作品では長門ちゃんがキョンのポケットに手を入れていましたが、今作ではキョンがポケットに導いています。
これもキャラクターの違いですね。長門さんは受動的に、キョンは能動的に。
長門ちゃんならここで「自転車で互いのぬくもりを確かめ合う展開」とか言って後ろからキョンを抱きしめたりしそうですが、長門さんなら後ろ頭をくっつけるだけで精いっぱいなのかなーと。

エピローグ的な追加エピソードについて。
長門ちゃんのゲームセンターにあたる場所は、長門さんにとってはもちろん図書館。
ですがナンパ男を登場させる必要性などもあって、本編では行くことができませんでした。
しかし、図書館に行きたい長門さんを無視するわけにもいかなかったため追加エピソードとして挿入。中盤で簡単な伏線を置いて、エピローグで種明かしをしたことになります。オチにもなってくれたのは助かりました。
昨日の続きみたいに手を繋いで図書館へ…なんていう甘ったるい展開もいつものことだと眼を瞑ってくださると助かります。

その他細かいところとしては…
元作品はキョンがニュートラルが位置ということもあってハルキョンっぽい要素も少なからずありました。今作ではキョンを能動的に動かさなければいけない関係でその要素を意図的に削っています。その分、古泉語りでフォローしたつもりでしたが、正直あのあたりは蛇足と思わざるを得ないですね。
しかし、私の作品はどれもこれも長キョンの両想い話だけなので、ハルヒがどうしても不憫なキャラになってしまいますね。咬ませ犬だったり、友情と愛情の板挟みになるキャラクターだったり。
ハルキョンが結ばれて長門さんが諦める話とか書けないから仕方ないのですが。

作中の比喩的表現や台詞の一部は、お気に入りの小説や歌詞などからフレーズを拝借したり、ちょこっと改変したりしています。元ネタがわかる人も結構いるのではないでしょうか。大好きなんですよ、ミスチル。
まぁ言ってしまえばパクりなのですが、独創力のない私には表現を深めるため必要不可欠な要素でもあります。これからも良いと思った表現はどんどん取り入れていきたいですね。
この作品自体パクりだとかは言わないでくださいw

作品解説についてはこのくらいですかね。
ストーリーやキャラクターの行動は殆ど変わらないですが、中身としては案外違ったものになっちゃったかな、って感じです。ヒロインの性格の違いがそのまま出ている…といいなぁw

かなり長い作品(私の作品の中で断トツの最長)でしたが、屋台骨が既に出来ており、なおかつそれがしっかりしているということもあって、あまり悩むことなく書きあげることが出来ました。
元作品の解釈や表現の意図についてししゃもさんにしつこく聞いたりもしたので、迷惑かけたなぁと反省するところもあります。

しかし、改変作業だけでも丸三日もかかったというのに、これを一から作ったししゃもさんには頭が下がります。
最後に敬意を表して記事の締めとしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずはありがとうございましたっ!
なんというか、ありがというとしか!

自分のSSの書き方をぼんやり書いてみたのですが、こうして自分が何を考えて作ったがわかる作品が下地になっており、さらにはそれをどうやって再構築していったかを解説してもらえると、なんというか、自分と他人の考え方の違いというか、アプローチの差が如実にわかってものすごく面白いです。

わたしも何度も言ってしまってますが、通常Verで書きたかったんです。
でも、そもそもの軸を「教える」に持ってきて、それでずっと書いてしまっていて(多分最初通常にしたいと思ったのは、手をつないだあたりを細かく書いていた時。でもその時には既に先も大分書いていました)、どうしてもその軸を崩す事が出来なかったんですよね。
そもそも「教える」を変化させることが出来なかったんですよ。
一度軸にしたものを自分で崩すのってとても大変だし、自分には出来なかった。
それを「体験」に変えられたのが、本当に素晴らしいと思います。

うちのキョン君はなかなか動きませんからねぇ……。
なので、どう頑張っても手をつなぐとかうっかり抱きしめる程度で終わってしまい勝ちです。
(キスシーンも、ハルヒちゃんと消失でしかやっていない)
原作に準拠しすぎても、物語が進みませんし、自分も手をつながせたりとかしてる時点で崩壊だと思っているし、だがそれがいい!と思うので、よほど違和感ない限りは崩す事こそが二次創作と思ってます。

「なんなら、今この状態~」の台詞は、そんなに意味深なものではなかったので、そんな素敵な台詞の対応をしてもらえるのはちょっと恥ずかしかったりです(え、そこ大事だったんじゃ?とか思わせてがっかりさせたらごめんなさい)。

洋服後の会話。
凄く素敵でした。たったヒトコトの台詞で、内面描写にして、さらにはテーマにもっていく。
おおう、やられたという感じですよ。
巧いなぁ!

デートの開始も本で、図書館で締めるのは綺麗ですよね。
確かに図書館でナンパは難しいw
「そこのねーちゃん、一緒に勉強しようぜ!」とか締まらないw
わたしも本当は最初は映画で書いてたんですよね。
ハルヒちゃんの元ネタがそうだったので。
(映画→喫茶店で感想の討論会だった)
だけど上手く続かなかったので没にしました。
だって行きそうな映画って、ゲームかアニメ原作のものになりそうだったし……w
でも、映画に行かなくなった為になんとなくキョンに言わせた台詞が(そんなところもいつかはみたいってとこ)、あとで伏線っぽくなって幸せでした。
そんな風に、適当にやってたりすることも多いです。

古泉の語り、良かったと思いますよ。
わたしはすごく好きです。
最後の閉鎖空間の件とかw
ハルヒの名前を出しがちだったのは「デート中に、他の女性を思い浮かべるのは失礼」とか言わせたかったのもあったのですが、結局実現しませんでした。
わたしが思う長門さんは、結構やきもち焼きなイメージがあるのですが、他の人がどう思うかわからないですしね。

すみません、ミスチル良くわかってません。
(旦那が好きなので、家にCDは沢山あるのですが!)
歌も、ほとんど歌詞覚えない人なんですよー。
引き出しが少なくて困ります。

いやほんと、萌え度が200%アップして、さらには深くなっていて、それが更に自分の書きたかった通常長門さんで!
労せずに自分好みのものが読めるこの幸せ!
どうもありがとう!
あと、ほんと時間ばっかりかかっちゃったのですが、それをわかってもらえるっていうのは、嬉しいものですね。
本当にどうもありがとうございました。

No title

どちらのssも最高でした!
長門かわいいよ長門

No title

>ししゃもさん
確かに一度書いているものを全部崩すのは勇気がいりますよね。一から書き直す方が格段に楽だと思います。
私も自分のSSを組み直せといわれたら、たぶんかなり嫌だと思いますw
それに、正直言って「体験」ですら二次創作でしかあり得ない設定ですよねw

動かしすぎるとキャラが崩壊するし(私の作品の大半はそのパターン)、動かさないと朴念仁だしでなかなか難しいですよね>キョン
他キャラは客観的に「それっぽい行動」をさせていればいいのですが、キョンと長門さんだけは難しいです・・・

「なんならry」は長門ちゃんのアプローチとして結構重要だと思ってました!w
というか私のラブコメ脳では「ラブコメしたい長門さんの照れ隠し」にしか見えなかった!
なので自然と長門さんにもそれらしい言葉を吐かせてしまいました。長門さんは照れ隠しすらできずに告白めいた言葉を吐くくらいには不器用だと思うのです。

>デート
やはり図書館で締めたかったですね。
私のSSのオチとしてはよくあるパターンでマンネリなのですが、どうもやめられない;
ナンパについては入り口付近で「保健体育の勉強しなーい?」とかも考えてましたが、あまりにあり得ないナンパだと思ったので辞めました。うん、辞めてよかったw

長門ちゃんならポケモン映画行きそう!
「長門よ、なんでDSなんて持ってきてるんだ? ついでになぜ前売り券が三枚もある」
「色違いは素晴らしい」
みたいなw

>ミスチル
旦那さんとはうまい酒が・・・あ、あまりお飲みにならないのでしたっけ。
ロードムービー「街頭が2秒後の未来を照らし」
しるし「違うテンポで刻む、鼓動を互いが聞いてる」
あたりのフレーズを拝借してますね。キョンの言葉としてはちょっと臭いというか似合わない面がある気はしますがw
あと、冬が寒くてよかったってのはまんまバンプのスノースマイルですねw

No title

>名無しさん
読んでいただいてありがとうございました。
これからもぼちぼち書いていくのでよろしくお願いしますね。
main_line
main_line
プロフィール

Author:ながといっく
長門スキーなSS書き。
最近は忙しくてあまり書けていない(´・ω・`)

連絡先はこちら。
nagatoeic●hotmail.co.jp
(●を@に変えてくださいませ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。