スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これE-5(春)攻略まとめ

・はじめに
 春イベント攻略完了したので今回も簡単に攻略記事を書きます。
 今回はE-4までがチュートリアルといっていいくらい簡単でしたね。秋E-4のような胃が痛くなるマップはなく、力押しでどうにかなるマップが多かったように思います。
 E-5は制空権の関係で結構シビアな編成が求められ、また「艦隊決戦」とでもいうべき重い艦隊編成を強いられるため資源消費はかさみましたが、ゲージ回復がない分精神的にはずっと楽なイベントだったと感じています。

・E-5概観
 まずはマップの概観を簡単に説明。ルート固定とか詳しい敵編成はwikiを見てね。
 1マス目は空気。ここまで来た提督の艦隊ならほぼ無傷で抜けれるはず。
 2マス目は前作ボスの戦艦棲姫が単縦で大暴れする鬼畜なマス。大破撤退の9割はここで発生します。
 3マス目も基本的には空気なのですが、2マス目で中破だった子が大破したり、大破だった子のダメコンが発動したりと、嫌な思いをすることも多いマス。
 ボスは秋E-4の飛行場姫のような子が旗艦にいて、これまた戦艦棲姫が随伴艦にいる結構エグいマス。2隻ずついるたこ焼きとフラ戦をさっさと片付けて、後はいかに戦艦棲姫を無視して旗艦に当てていくかが勝負。
 ボスにダメージを当てるたびにゲージが削れていき、削りきったあとは撃破する必要があります。ボスをちょうど8回撃破でクリアになりますが、8連続撃破などまず無理なので、最低でも十数回はボスに到達する必要があります。

・下準備
(a)必要なもの
 加賀さん:ボスから制空優勢をもぎ取るためは、加賀さんの3スロ目に烈風改(E-1クリア報酬)を積むことが大前提となります。
 烈風:同じく制空優勢確保のために5つ必要。
 爆戦:戦3空3編成では制空優勢確保とダメコンの両立のために絶対に1つは必要。戦4空2編成を取る場合はもう1つ必要(後述)。
 三式弾:戦艦の数だけ必要。これがないとボスにダメージが通りません。
 偵察機:戦艦の数だけ必要。昼間連撃があるとないとでは大違いです。観測機があればなおよいが、別に偵察機でも問題はないかと。

(b)あったほうが良いもの
 ケッコン艦:耐久や命中が限界突破し、燃費もよくなりいいことずくめ。
 大和型:その真価は攻撃力ではなく防御力。道中の安定感は長門型・金剛型とは一線を画するが、燃費が酷いので考えなく使うとあっという間に資源が終わる両刃の剣。
 大鳳:加賀さんについで多いスロットに、中破攻撃可能な子。筆者の艦これには未実装なのでよくわかりませんが、きっといると便利でしょう。
 ダメコン:後述の空母3編成をとるなら是非ともつけたいところ。
 その他:46砲や彗星一二型甲などは支援艦隊でも使いますのであればあるほど便利。

・戦3空3編成(削り用)
(a)趣旨
 戦艦3隻を昼間連撃仕様にして三式弾を装備、空母3隻にボス戦で制空優勢をギリギリ取れるライン(想定340前後)を確保してダメコンを装備します。
 戦艦は長門型、大和型がベターですが、金剛型改二でも特に問題はないかと(脆いので旗艦に置きましょう)。ただし、高速で統一すると渦潮ルートになるので、必ず一隻は低速戦艦を入れる必要があります。大和型は入れると安定しますが、削り段階では燃費と相談して……といったところ。筆者は削り中は使いませんでした。
 空母は制空権の関係で加賀さんが必須。後は大鳳、赤城、鶴姉妹の中から二隻が基本線。蒼龍・飛龍は1隻までなら問題ありませんが、二隻使う場合は爆戦が2つ必要になりそうです。

(一例)制空値340
霧島改二:主砲 主砲 三式 観測
長門改 :主砲 主砲 三式 観測
陸奥改 :主砲 主砲 三式 観測
加賀改 :流星改 烈風 烈風改 ダメコン
赤城改 :流星改 烈風 烈風 ダメコン
瑞鶴改 :爆戦 烈風 烈風 ダメコン

(b)特徴
 ボス到達率は高く、ボス撃破率は低めな編成。
 ダメコンを搭載することで、2マス目の戦艦棲姫に大破させられても構わず進撃することができることが強み。ダメコンを使うことに抵抗がなければ、削り段階ではこの編成が最適と思われます。
 制空優勢を確保するために爆戦が1つで済むこともメリットですが、逆に言えば1つはどうしても必要になります。赤城・瑞鶴のどちらかを大鳳に代えたとしても、爆戦がないと制空値が327前後となり、道中消耗を考えると非常に微妙なところ。
 注意点は、あくまで「2マス目で」大破進撃するためのものだということ。ボスまでにもう一戦挟みますが、この編成だと3マス目の敵が輪形陣なので、3マス目で初めて大破になること自体がほとんどありませんし、同様にダメコンを消費してしまうこともそこまで多くありません(5回に1回程度かと)。
 なお、名目上「削り用」としましたが、この編成でも10回中2回ボスを撃破しているので、必ずしもトドメをさせないというわけではありません。

・戦4空2編成(トドメ用)
(1)趣旨
 戦艦4隻を昼間連撃仕様にして三式弾を装備、空母2隻で制空優勢をギリギリ取れるラインを確保します。今回はダメコンを付ける余裕はありません。
 戦艦の選択・装備は削り用と同様ですが、決定力確保&道中の安定性を重視して、大和型を入れたいところです。
 空母も削り用と同じく加賀さんが必須。もう一隻は大鳳・赤城・鶴姉妹のいずれかを推奨。蒼龍・飛龍だと爆戦を装備しても制空値が330を切り、道中消耗を考えるとボスの320を上回ることができるか怪しいです。

(一例)制空値339
霧島改二:主砲 主砲 三式 観測
長門改 :主砲 主砲 三式 観測
陸奥改 :主砲 主砲 三式 観測
武蔵改 :主砲 主砲 三式 観測
加賀改 :烈風 烈風 烈風改 爆戦
瑞鶴改 :烈風 烈風 烈風 爆戦

(2)特徴
 ボス到達率は低く、ボス撃破率は高めな編成。E-5ボスは夜戦で連撃を当てないと倒せないので、手数が多い戦4編成は必然的に撃破率が高くなります。
 難点はやはりボス到達率の低さ。ダメコンを積むスペースがないので2マス目での大破撤退を強いられ、また、この編成では3マス目の敵が単縦の場合もあるため、そこでの雷撃事故も少なくありません。
 また、空母二隻で制空優勢を取るためには爆戦が2つ必要となります。爆戦がない場合、空母の片方を艦戦だけ積んで置物にするか、制空権を諦めるかを選ばなければなりません。制空優勢を確保できないと昼間の決定力が大幅に下がることを鑑みると、前者を推奨します。

・決戦支援艦隊
 毎回出します。
 駆逐2戦艦4の支援射撃がおすすめ。燃費が心もとないのであれば駆逐2戦艦2軽母2でも可。旗艦にキラキラ付いていれば必ず来てくれるので忘れずに。
 装備は主砲3つと電探(32号>33号>14号>その他)が基本線。主砲ガン積みでもよいが、電探を乗せると体感できる程度には命中率が変わる印象。
 メンバー選出は単純に火力と練度が高い子を選べばOK。駆逐艦は大差がないので好きな子を選んでおけば、助けに来てくれたときに嬉しいのでオススメ。

(一例)
曙改  :主砲 主砲 電探
夕立改二:主砲 主砲 電探
榛名改 :主砲 主砲 主砲 電探
金剛改二:主砲 主砲 主砲 電探
比叡改二:主砲 主砲 主砲 電探
Bismarck:主砲 主砲 主砲 電探

*豆知識
 支援艦隊に燃料は不要なので、空になるまで補給する必要はありません(弾薬はダメージに関わるので毎回補給が必要)。戦艦の場合、7回前後は補給しなくても済むので、毎回補給するのと比べると消費燃料の差はかなりのものになります。

・道中支援
 筆者は使いませんでしたが、少しでも大破撤退を減らしたいなら、資源と相談して使ってみるのもありかと。
 なお、道中の支援到着確率は旗艦の運の良さに依存するとの情報があるので、雪風や時雨を旗艦にするのが良いと思われます。

・キラキラ付け
 戦艦と空母のみの編成だったこともあり、燃費節約のためキラキラ付けは一切しませんでした。
 元々筆者は疲労を完全に抜けばキラキラ要らない教徒なので、キラキラはお守りのようなものだと考えています。しかし、最近の検証では少なくとも10%程度の回避効果はあるとされているので、これを労力に見合うと考えるかは個々人の考えになってくるのかと。
 なお、特にキラキラ付けはしなかったものの、MVPの関係で戦艦3隻のうち常に2隻はキラキラ状態になっていました。
スポンサーサイト

艦これE-5攻略まとめ

 E4に引き続きE5も攻略したので記録を残しておきます。

・基本方針
 HP満タン、間宮点滅なし、雷巡のみキラキラ付状態で出撃。
 E5は速度合わせかつ戦艦2隻で北上ルート(2戦+渦潮、ハズレあり)、速度合わせかつ戦艦2隻以外で中央ルート(3戦、ハズレなし)となります。
 一長一短なのですが、ボス戦で火力出ない可能性、中央ルートにはフラ重巡がおり大破撤退の可能性が高いことから、私は北上ルートをとりました。
 当初は、疲労回復中に潜水艦×4の中央ルートに決戦支援を出してゲージを少しでも削ろうと考えていましたが、実際のところボスまで辿り着いてもほとんど削れず、決戦支援分の資源の無駄になると考え辞めました。疲労回復中は北上大井のキラキラ付けでもしていれば良いと思われます。戦艦重巡については面倒なのでやらなかったですが、ほとんど大破しませんでした。

・編成
霧島:主砲(46cm) 主砲 噴進 電探
榛名:主砲 主砲 三式 電探
羽黒:主砲 副砲 三式 ダメコン
摩耶:主砲 副砲 三式 電探
大井:主砲 主砲 甲標的
北上:艦首 五連 甲標的

 上四人はボス想定して対空重視の装備です。結果、ボスの開幕空爆でもほとんど一桁ダメージで済みました。
 途中、カットイン雪風を入れてみたり、北上にカットイン装備を施してみたりと試行錯誤しましたが、最終的にはこの形が一番安定でした。正直、北上大井が一番下にいれば後はどの組み合わせでも大差ないと思われます。
 ダメコンも最初は三隻に付けていましたが、電探3つで渦潮被害軽減のほうがボス戦で火力が出やすいと判断してこの形に。姫やら浮遊要塞、フラ戦がメインの道中で、E4と比べて大破撤退率はずっと低いため、結果的にダメコンは不要でした。

・支援削り(射撃支援)
隼鷹:艦攻4
千歳:艦攻4
島風:主砲 主砲 主砲
曙 :主砲 主砲 主砲

 削り中も毎回決戦支援を出しました。ボス到達率が高いので毎回出して良いと思われます。というより、出して開幕で少しでも随伴艦を減らさないと、随伴艦もボスも固いので、ボスにダメージが通りません。
 当初は軽空母4+駆逐2の航空支援を出していたのですが、ダメージが微妙かつ燃料消費が気になったので、上記の形にしました。

・支援最後(射撃支援)
加賀:流星改 流星 流星改 流星
赤城:流星改 流星 一ニ甲 流星
陸奥:主砲 主砲 主砲 主砲
伊勢:主砲 主砲 主砲 主砲
夕立:主砲 主砲 主砲
曙 :主砲 主砲 主砲

 削りきった後は燃費など気にせず最高火力を出せる組み合わせで。曙ちゃん? 駆逐なんて夕立以外大差ないからry

・消費資源
開始時:燃24710-弾24509-鉄25138-ボ24853-バ351
終了時:燃19680-弾19749-鉄20934-ボ24012-バ311

・まとめ
 午後7時から初めて午後10時過ぎに終了。
 消費資源、消費時間、精神疲労、どれをとってもE4の方が遥かにキツかったです。撤退3/ボス8/お仕置き部屋2と、比較的羅針盤にも恵まれました。
 ともあれ、E4を突破できた提督ならばおそらく苦もなく突破できるマップだと思います。高レベル艦と北上大井でゴリ押し、ただそれだけでした。
 最後に、ここまで頑張ってくれた艦娘たちに、ありがとうを。

艦これE-4攻略まとめ

 艦これ、E-4を突破しました。記念に攻略の経緯をまとめておきます。
 9月登録のブイン提督で、さほど高レベルの艦もいませんでしたが、どうにか無事突破できました。似たような状況の提督さんの助けになれば幸いです。

・基本方針
 HP満タン、間宮点滅なし、駆逐と雷巡のみキラキラ付状態で出撃。
 間宮点滅中は1-1で雷巡、駆逐のキラキラ付けで時間つぶし。重巡と戦艦に関しては、コストに見合うか微妙なのでキラキラ付けはしませんでした。
 出撃後にダメージがあれば、30分だろうが10時間だろうがバケツ。疲労度を消すためであり、実際のところ無傷よりカスダメで帰ってきたほうがありがたかったりも。

・艦隊
 金剛型2隻でルート固定なので必須。
 残りですが、ゲージ削り時については、よほど資源が余っている場合を除き、駆逐等コストが低い子をメインにするのが良いと思います。大破確率が異常に高いので、戦艦など入れると鋼材燃料が馬鹿になりません。
 その観点で構成した艦隊が以下。ほぼ確実にカットインする雪風以外は連撃装備で、全員にダメコン(要員)装着してました。

雷巡Lv85:主砲主砲甲標的(大井と北上をローテ)
雪風Lv63:主砲魚雷ダメコン(カットイン狙い)
島風Lv63:主砲主砲ダメコン(夕立改二とローテ)
羽黒Lv69:主砲主砲三式ダメコン(摩耶とローテ)
榛名Lv55:主砲主砲三式ダメコン
霧島Lv72:主砲主砲三式ダメコン

 三式弾装備した子を下に。夜戦は上から順に攻撃なので、三式弾をボスに当てる確率を少しでも上げるため。
 最初は2枠目に潜水艦(イムヤLv55)を入れて、軽巡駆逐の攻撃を吸わせる戦略だったのですが、複縦陣との相性が悪いことと(後述)、火力の関係でボス戦では置物になるため、途中で外して駆逐を増やしました。
 ゲージ削り後の決戦艦隊は以下のように火力重視で構成しました。

雷巡Lv85:主砲主砲甲標的
羽黒Lv69:主砲主砲電探ダメコン
利根Lv62:主砲主砲電探ダメコン
榛名Lv55:主砲主砲三式ダメコン
霧島Lv72:主砲主砲三式ダメコン
陸奥Lv75:主砲主砲三式ダメコン

 さらに、ゲージ削り後のみ、支援艦隊を利用しました。
 やや仕組みが複雑であるので、詳しくはwikiなどを見ていただきたいのですが、支援艦隊は①航空支援、②支援射撃、③支援雷撃の三種類あり、ダメージ効率が良いのは支援射撃と言われています。
 私の構成は「千歳Lv72、千代田Lv72、島風Lv65、雪風Lv65」です。支援射撃の場合、砲撃戦の火力に依存するらしいので、なるべく良い装備を付けてあげましょう。

・陣形
 紆余曲折しましたが、最終的には「道中は複縦、ボスは単縦」で落ち着きました。
 梯形と単横は潜水艦入り構成のときに使用し、確かに潜水艦へのダメは通りにくいのですが、敵クリティカル率は高く、こちらの攻撃も通りにくい印象でした。
 複縦はカットイン食らっても中破で済むことも多く、撤退率も下がりました。しかし潜水艦へのダメが通りやすい。ならば、いっそ潜水艦を抜いてしまえということで、上記の構成になりました。

・道中
 ①一戦目大破→撤退、②二戦目大破→駆逐なら進軍・重巡以上は撤退(もちろん三戦目でダメコン発動したら撤退)、③三戦目大破→進軍、という基準で攻略していました。駆逐のみ進軍するのは回避に期待してです。最初は二戦目大破も無条件で進軍していたのですが、重巡以上はほぼ確実に次戦でダメコン発動したので、駆逐のみにしました。
 敵艦はフラ戦より重巡が怖かったですね。フラ戦はカットインしても中破止まりがほどんど。重巡はカットイン率高い上に当たればほぼ大破。駆逐軽巡は通常攻撃はほぼ当たらないものの、たまにカットインすると大破させられることもあって侮れない。
 ボス前からの羅針盤ですが、ボス8回、お仕置き部屋4回でしたので、6割~7割くらいの確率でボスに行けたことになります。

・決戦
 運良く、ゲージ削り終わって次の出撃でボスを撃破することができました。
 ボス前で霧島大破、榛名中破と劣勢で、夜戦でも案の定随伴艦から撃沈していって、最後にボスと2隻目だけが残ったところで、陸奥が渾身の一撃をボスに加えて昼戦に持ち組むことができました。
(昼戦突入条件は、2隻目・3隻目の敵艦が大破以外で残っていることだそうです)
 昼戦では決戦支援が到着、開幕雷撃と合わせて2隻目を首尾よく沈め、残りはボスのみでHPは100程度。ここで勝利を確信……まあ、実際にはカスダメ連続で焦らされたのですが、最後は無事に榛名が決めてくれました。ドロップは三隈とラッキーな結果に。

・消費資源
 開始時:燃24500-弾24500-鉄25000-ボ23000-バケツ436
 終了時:燃15000-弾19500-鉄14000-ボ24000-バケツ329
 これに加え、ダメコン(要員)を5つ消費。女神は使わずに済みました。

・まとめ
 午後6時から初めて午前1時過ぎくらいに終了。
 最初のほうは、焦って疲労が回復しないまま出撃したりもしましたが、例外なく道中大破で撤退する羽目になりました。焦らない気持ちが超大事。
 そこまで酷く羅針盤に振り回されることはありませんので、焦らずルーチンを守っていける忍耐力と、何度途中撤退されようがボスに攻撃が当たらなかろうが挫けない心があれば、きっと攻略できるはず。

【スクフェス】ソルゲを攻略してみた。

 きまぐれに、最近ハマっているスクフェスの「soldier game(HARD)」の攻略記事でも書いてみました。
 自分はこれを意識することでフルコン率が飛躍的に上がったので、参考になれば。

1.前提
 解説の前提として、ライブ画面のボタンに左端から順に123456789と番号をつけて説明することとします(センターが5です)。
 なお、文字だけでは理解が困難と思われますので、以下の譜面動画等を参照しながら読んでいただくことをおすすめします。

*通常のプレイ動画
http://www.youtube.com/watch?v=REw7nuP6ZII

*譜面をポップンミュージックの画面に引き直した動画
http://nico.ms/sm20752279

 まず、サビ以外はたいしたことないので各々頑張ってください(適当)。
 解説はサビ一回目(「私は誰でしょ~」から)のみ行います。サビ二回目については、一回目を左右反転させただけですので動きを逆にすればOKです。

2.右側
 まずは、譜面動画でサビの右側だけを見てください。すると、右側の連打のリズムは一定であることがわかります。
 上記数字で表すと、左端から順に、

 9999→8888→7777→6666

 となります。隣のボタンへのスライドは慣れるまでやや大変ですが、連打の速度自体は早くないので難しくはないはずです。
 まずは、このリズムを正確に刻めるようにしましょう。それが第一歩です。

3.左側その1
 さて、問題は左側です。
 こちらは右と違うリズムで叩くことになりますが、ノーツが落ちてくるタイミングにはに一定の規則性があるため、そこに着目します。

 第一の規則性は、「右の連打の三拍目が左との同時押し」ということです。
 これを数字で表すと、

 99⑨9→88⑧8→77⑦7→66⑥6

 の⑨⑧⑦⑥が左との同時押しとなっていることに気づきます。何はともあれ、三拍目は同時押しということを頭に刻みつけておきましょう。この点はリズムキープする上で非常に重要です。

4.左側その2
 第二の規則性は、「奇数回目の同時押し後、隣のボタンに移動する間に裏打ちが入る」ということです。
 言葉で説明してもややわかりづらいですので、数字で表すと、

 99⑨9>88⑧8→77⑦7>66⑥6

 右の連打中の「>」の部分に左の裏打ちが入っているということになります。「奇数回目の同時押しの後にズレる」、あるいは「奇数階目の同時押しの後が交互連打」になると覚えておきましょう。

5.まとめ
 以上をまとめると以下のようになります。0はノートなし、太字は同時押しです。

右:9999→8888→ 7777→6666
左:0040 4 0030→0020 2 0010

 口語で表すとすれば、
 タッタッタッ タタタッ タッタッタッ タッタッタッ タタタッ タッタッタッ
 といったところでしょうか。こちらも太字が同時押しです。

俺妹最終巻の感想

 俺妹の最終巻を読み終えたので、思いつくままに感想などを。
 ネタバレしまくってますので、未読の方は回れ右してくださいね。

 さて、感想ブログや2chのスレを眺めた感じだと、他のキャラ好きだった人は言うまでもなく瀕死状態、でも桐乃派も素直に喜べない、みたいな感想が多いように思われました。
 私も同様で、一言で言うと、後味の悪さが残ってしまったかなという感じです。
 でも、これ以上のものが書けたのかといえば、おそらく無理でしょう。いろいろと制約があるなかで、最良の、かつ面白いストーリーに仕上がっているのではないでしょうか。

 以下、各ヒロイン別に感想など書いていこうと思います。

・あやせ
 一人暮らし時代の裏話の回想から始まって、最終的には京介に振られちゃいました。やっぱり一目惚れだったんですね。"嘘つき"同士、結構お似合いだったと思っていたんですが。
 10巻の引きで衝撃の告白シーンを見せてくれた彼女なのですが、1巻挟まれた挙句、最終巻でも紙幅の関係か、ちょっと扱いが小さくなっちゃった感のある不憫なあやせたん。それでもなかなかの存在感を発揮するのが彼女たる所以でしょうか。
 そういうわけで、この章は特筆すべき感想もあまりないのですが、

「エッチまでしたのにふざけないでくださいよ!」

 これだけは声だして笑っちゃいました。
 数々のパロネタ出してきたこの作品ですが、まさか指原ネタもってくるとは。しかも彼女が総選挙速報1位とって、週末には開票とかいうタイムリーすぎる時期なのでなおさら。

注:AKB48グループの指原莉乃が週刊文春に過去の恋愛を暴露されたスキャンダルで、元彼に送ったとされるメール「エッチまでしたのにふざけんなよ!」が元ネタです。

・黒猫
 次、ツインヒロインであり、一度は主人公の恋人にまで上り詰めた黒猫さん。しかし、結果的には想いは叶わず、彼女の理想の世界も否定され、見事に発狂してやさぐれてしまいました。
 ただ、京介に「今でも好きだ」と言わしめたのは彼女だけですし、その点では少しは報われているのかな、とも。

 ……あやせ以上にあまり書くことがなかった。
 予定調和というか、あまりに普通の展開だったためでしょうか。「理想の世界」のために付き合って別れるとかいう、中盤の迷走展開に振り回された彼女こそが、あるいは一番の被害者なのかもしれません。
 どうでもいいけど、黒猫がハマってる「中二病系ラブコメアニメ」って中二恋のことだよね。

・加奈子、櫻井
 ネタキャラなので適当に。
 加奈子はステージでの告白という定番ネタでしたね。彼女らしいのではないでしょうか(ホント適当すなあ)。いいアイドルになれると良いですね。あ、結局お姉さん関連の話はあまり深く掘り下げられずに終わっちゃった感じですね。
 櫻井はあやせに次ぐコメディリリーフとして、わずか2巻の登場ながら中々の存在感を放っていました。11巻で話題になった「三年前も今も答えは同じ」については、「答えは同じだけど好きな人は違う」という形に落ち着いたようです。結局、「知ってた」は勘違いだったということでネタになっていました。作者のミスリードだったのか、それともあの時点ではどちらに転んでもいいようにああいう形にしたのか、それは永遠の謎ですね。
・桐乃
 12巻の総まとめともいうべき兄妹デートからの京介のプロポーズ、そして見開きいっぱい使っての挿絵付きの「はい」。この物語のクライマックスであり、終着点の1ページですね。額に入れて飾りたいくらいです。
 最初の頃と何も変わらないようで色々と変わっている二人を見ると、最終巻らしい感慨深さがありますね……。
 さて、めでたく恋人になった兄妹なのですが、やはり妹モノのエロゲーみたいにはいかないようで。そこをどう結論付けたのかについては麻奈実のところで一緒に。

 あ、一つだけ気になったのが、両親騙して麻奈実の家をアリバイに使ってクリスマスデートして二人でホテル、しかも他人を口実に使っておいて翌日学校サボるってのは流石にどうなんでしょう。
 この物語、京介は麻奈実に対しては最後まで不誠実だったように思えてなりません……。

・麻奈実
 さて地味子こと麻奈実さん。個人的に好きだったキャラですし、章自体もストーリーの根幹に関わる部分なので、分厚く書きますよっと。
 最終章でラスボスとして登場。厳密に言えば、『現実』というラスボスを代表しての登場。
 前章で確定した兄妹恋愛に対して他のキャラは概ね祝福ムード、強いて言えば沙織や瀬奈ちゃんが「おめでとうとはいえないけど……」程度の複雑な感じを出していたに過ぎなかったのですが、彼女は容赦なく現実を浴びせてくる……予定だったのですが。

 その前に桐乃がクマーAAみたいなひっどいひっどい煽りをやってしまい、大半の読者がイラッとしたであろうところで、まさかの腹パン。桐乃腹パンネタまで原作に持ってくるとか怖いよふしみせんせー。
 そこからのリアルファイトはまさに女の修羅場といった感じで、麻奈実の「邪魔だった」っていう本音も出てきて、まさに最終回といった感じ。
 ラストバトル終了後、麻奈実は現実世界を代表して、ぐうの音も出ない正論を二人にぶつけてきます。説得、脅し、そして、

「なら、私がずっとずっときょうちゃんの事が好きで、今ここで付き合ってくださいって告白したら?」「そうしたら私のそばにいてくれる?」

 告白。あらゆる手段を使って、全ての手駒を出し尽くして、京介を「普通の世界」に取り戻そうとする健気な幼馴染だったのですが、気持ちを決めた京介は動かず。
 「桐乃が好きだ。実妹エンドやってやる」だとかキモい宣言をする京介に、ビンタをかまして「最悪の返事だね」と笑う麻奈実。幼馴染らしい屈託のないやり取りが印象的でした。

 ただ、京介が示唆していたように、千葉の千里眼こと田村麻奈実さんのことですからですから、この結末もとうに予想していたのでしょう。
 兄妹恋愛を察知しながら泳がせていたのも、こんな"最悪のタイミング"で告白したのも、京介にその台詞を言わせるためだったとすれば、辻褄が合います。ある意味、公園での一連の出来事自体が茶番、出来レースのようなもんです。
 それでも、麻奈実があえてそうしたのは、そして、京介も麻奈実相手に「桐乃との約束」を話さなかったのはどうしてか。
 それは、

「始まりすらしなかった、初恋の終わり」

 という一文に全て込められているのではないでしょうか。このフレーズ、俺妹という作品を読んできたなかで、一番好きです。

・結末
 麻奈実に言われるまでもなく、二人は現実と戦う術がないことくらいはわかっていました。
 そこで京介が選んだ結論が、「他の女を全員振って桐乃を選ぶ。でもエロゲーの主人公と違って"俺達は"世間体や常識も捨てられないから、期間限定で恋人をやって後は普通の兄妹に戻る」というもの。
 教会で結婚式、そしてキスを交わした後、二人は兄妹に戻るのでした。

・感想
 結果的に、京介の隣には誰もいなくなってしまいました。京介はそれでいいのだと割りきってこの決断をしたのでしょうが、ラブコメとして見てきた人にとっては、これが後味の悪さにつながっているのだと思います。
 とはいえ、一番最初に述べたとおり、これ以上の展開も考えづらいです。
 媒体上、おそらくガチ近親にはできないのでしょうし、他の誰かと付き合って普通の兄妹に結末だったら、この作品自体何だったんだって話になってしまう。ハーレムエンドは論外。11巻も進んできた物語に、もう選択の余地などなかったのでしょう。
 これが作者さんが書きたかった結末なのかどうか、私にはよくわかりません。ずいぶん迷走してきた物語の終着点として、ふさわしいものなのかどうかもよくわからないです。
 正直に言えば、桐乃→京介はともかく、京介→桐乃の感情がここにきて当たり前のように「恋愛感情」になってるあたりには、未だに強烈な違和感があります。もっとも、これは私が実妹持ちだからという理由もあるのでしょうが。
 ともあれ、全ヒロインと決着を付けて終われたのは、一つの作品としては立派な終わり方なのだと思います。

 ここまで12巻、すごく楽しませてもらいました。たくさん文句も言ったし叩きもしましたが、何だかんだで面白かったから最終巻まで読んでこられたわけです。「読まなきゃ文句も付けられないじゃん!」という桐乃の心理が今ならよくわかりますw
 伏見先生、お疲れ様でした。次回作も期待しています。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

main_line
main_line
プロフィール

ながといっく

Author:ながといっく
長門スキーなSS書き。
最近は忙しくてあまり書けていない(´・ω・`)

連絡先はこちら。
nagatoeic●hotmail.co.jp
(●を@に変えてくださいませ)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。